せんべい布団 肩こり

せんべい布団 肩こり

せんべい布団 肩こり 関連記事





寝ているのに肩こり?原因は?


睡眠と布団の関係はとても親密です。
体に最適な布団を使用している方はいないといっても良いほど、その重要性は理解されていないです。
寝ているのに疲れが取れない、布団が原因で肩こりになる?などの悩みを持つ方はとても多いです。

布団と肩こり
寝ている間は前身の筋肉がリラックスしていることが理想です。
それぞれ自分が良いという形で寝返りを打ちます。
旅行先や枕が変わると、睡眠姿勢が変わってとても疲れてしまう経験もありますが、実は毎日寝ているせんべい布団も肩こりや腰痛の原因になっていることがあります。

ふかふかの布団は、体が沈み込み姿勢が悪いと言われてきました。
マットレスなども気持ち良いのですが、背骨が湾曲してしまうことで、置きた時に体がギスギスしてしまいます。
実はせんべい布団は、反対に沈み込みがないため、硬い床がダイレクトに体に響くのです。

布団の理想的な沈み込みは約3センチと言われています。
多分、慢性的な肩こりはそのせんべい布団が原因かも?
肩痛だけではなく腰痛もあれば、チェックの必要があるかもしけません。

背骨のカーブが大事
人は寝るとS字型をしている背骨の出っ張る部分に体重が集中します。
その時にせんべい布団ですと、硬い事で血行が悪くなってしまいます。
寝ている間の血行不良は、すなわち痛みの原因であり、それが肩や腰であれば、痛みが出ます。

敷布団がふわりとしていたら、体重の支える点に集中することなく、血行も良く眠れるということです。
この時にふかふかすぎるのはNGということで、少しは気持ち良いフカフカ感はほしいところでしょう。
人間の体は棒のようにまっすぐではなく、布団の役割としては、体圧分散して支えることが理想なのです。

布団だけではない
実は肩こりに限定すると枕の存在も大きいです。
せんべい布団が血行に良くないことはわかりますが、首の位置が定まらないことも肩こりには大切な要因です。
整形外科に行ったとしても、治療の方法もないのですが、3センチ程度沈むせんべい布団と枕の改善は急務です。
どちらもしなければベストな解決はないでしょう。

專門のところにいくだけではなく、枕に一枚ずつタオルを敷いて、寝てみて下さい。
気持ち良い高さを感じることができます。
その決め手としては、寝ていて自然な形、首や肩に力が入らないことです。
この方法はとても効果が高く、カンタンです。
反発マットレスなどを買わなくても、枕の解決で肩こりが改善される場合もあります。


▲TOPにもどる



せんべい布団と反発マットレスについて


毎日寝ている布団には満足はいますか?
布団フェチは、理想の布団を求めていますが、反発マットレス、低反発、高反発の布団は人気です。
肩こりが治ったという口コミも多く聞かれます。

反発マットレスは肩こりに良いの?
反発マットレスには低反発と高反発があります。
すごく良いと言われて宣伝している低反発の布団は身体のフィット感があります。

体の形状で沈むので、自然な形のS字になります。
良く眠れるとの口コミも多いです。

ところが、病院のベッドでは高反発の布団を使用しています。
沈み込みが少なく、寝返りがうちやすく、肩こりや腰痛になりにくいといいます。
この違いは寝た者でしかわからないというのですが、何かに包まれているような寝心地は低反発、そして、肩こり改善には高反発が良いということです。

せんべい布団と高反発
機能性からいってもせんべい布団は、複雑な身体の曲線には対応してくれないのです。
寝返りをするたびにあちこちに隙間ができて、起きた時にギスギス感があり、肩こりや腰痛の原因になります。

高反発マットレスとの組み合わせで、絶妙なフィット感を出すことができます。
マットレスに直接寝ることないのですが、高反発マットレス上にせんべい布団にすることで、寝返りも快適になり、血行不良の心配もなくなります。

布団で体重を受け止め、マットレスで多少沈む。
しかし、全く沈み込みがないため、体の一点集中がない状態が続きます。
上手な体圧分散ができます。
ギックリ腰のときなど、この組み合わせは最高の寝返りのしやすさを感じるのですが、肩こりも同様です。

睡眠姿勢をキープ
せんべい布団の下に沈み込みが出るマットレスが存在していることで、体がリラックスできます。
寝返りが楽になることで、血行も良くなっていき、肩こりにも効果的です。

この時にマットレスとふかふか布団にしてしまうと、余計体が沈み込んでしまい、起きた時の疲労感は半端ないです。
肩こりばかりではなく、身体全体がボーっとした症状になってしまうのです。

多分、せんべい布団は昔から体に良いと言うのは、この疲労感はがないからです。
しかし、せんべい布団にも限界があり、本当はふかふかしていない布団のことを指します。
そして、現在は高反発マットレスの登場により、快適な睡眠姿勢を自分の体重で作ることができる睡眠が可能です。

低反発マットレスのCMは多いですが、肩こり腰痛の場合は、かならず高反発マットレスを選択してみて下さい。
ポイントは適度な弾力です。


▲TOPにもどる



せんべい布団が肩こりを起こす原因


寝ている間の肩こりは、布団だけが問題ではないです。
本来体が休息するための時間ですが、肩こりが起こるのは、「筋肉が緊張状態」になっているからです。

筋肉が緊張する原因は?
(寝返りが打てない)
寝返りは1時間に2回程度です。
歪んだ骨格を整えたり、布団内の温度調節ですが、せんべい布団の場合、体圧分散がうまくいかず、痛みを感じることがあります。

そうでなくても、一点に血液が集中して血行が悪くなってしまいます。
その上寝返りの時に痛みがあれば、十分睡眠も取れないことになります。
肩や首に負荷がかかり、起きた時に、肩痛と肩こりを感じます。
せんべい布団の薄っぺらさが原因と考えられます。

不自然な睡眠姿勢
自分で気がつかないことが多いです。
身体を横たえた時に、最初は気持ち良いのですが、身の置き所がきちんとしていないことがあります。
これもせんべい布団の薄さでしっくりいかず、しかし睡魔によって眠ってしまい、自然な姿勢で寝ることができず、朝を迎えることになります。

肩こり慢性化
これは、首から肩の筋肉をほぐすこと、筋肉疲労を取ることが必要です。
お風呂に入る、マッサージをする、軽い運動をすることで、血行を良くして睡眠に入るようにしましょう。
肩こりのまま寝てしまうのは、改善はできないでしょう。

せんべい布団がNGなわけ
体が沈むふかふか布団も筋肉のほぐれはないのですが、せんべい布団でも固さがあるものがだめなのです。
寝た瞬間、硬いという布団では、寝返りも打てないし背骨のS字カーブも変形してしまいます。
反発力がないというよりは、床にそのまま寝ていると同じです。
一晩で身体が痛くなってしまう、それだけ影響があります。

血行不良、一箇所に集中、寝返りしにくいなどが原因としてあります。
寝ている間の敷布団は体を支える大切なものです。
上手な体圧分散ができるものを見つけることと、首に合う枕も選択することが必要です。

肩こりは性分だと思っていた
肩こりの原因はたくさんあります。
その一つが、せんべい布団やふかふか布団ということですが、今の寝具環境がベストなのかを診断してみましょう。
臀部あたりの沈み込みが約3センチ程度というのが、ベストの反発力です。

せんべい布団の場合、もう何も沈めないというのであれば、反発マットレス等の対応が必要です。
仕事や日常生活でも肩こりの原因はありますが、せんべい布団卒業で劇的に改善されることもあります。
整形外科の医師も機能的な睡眠ができる敷布団の推奨をしています。


▲TOPにもどる



マットレスは高反発を、これでせんべい布団でもOK


寝ている時の姿勢を指摘されたとしても改善はできません。
多分、仰向け、横向きを繰り返して寝返りをうっていることでしょう。
問題にしなければならないのは、どんな布団に寝ているか?どんなマットレスを使っているか?です。

マットレスを使わない派の方
マットレスを使っていないかたもいます。
寝具は布団だけで、床に直接敷いているタイプです。
その床に絨毯があればマットレス代わりになれますが、フローリングの上に直接布団、それもせんべい布団ですと、熟睡していない可能性があります。

肩こりや腰痛があるのなら、その寝方要注意です。
また、ベッドだとしてもすのこ部分にせんべい布団。
これも、睡眠姿勢の状態としては要チェックです。

マットレスを使う派の方
マットレスも厚さ、形状で違うのですが、もし使うのなら布団との組み合わせが重要です。
高反発マットレスにはせんべい布団が最適です。

ふかふかの羽毛布団の場合、低反発マットレスですと、そのまま沈み込み放題になってしまいます。
それでも、十分な柔らかさがありますが、腰を痛めることが多いようです。
柔らかさすぎです。

高反発マットレスにせんべい布団の場合、布団が汗の吸収や肌触りを良くして、高反発マットレスで体圧分散が可能です。
敷布団をせんべい布団にしたい場合には、高反発マットレスがベストマッチです。
ギックリ腰のかたもお試しを。

寝てると肩痛がなくなる
寝ている時に肩が痛いのは、横向きになったときに、体重が肩に集まって血行が悪くなっていることが考えられます。
そのまま肩こりに結びつくのですが、この時に高反発マットレスがあると、沈み込み過ぎず、体重を逃がすことができます。

多分寝返りの動作もスムーズになって、質の良い睡眠ができます。
枕との関係もありますが、まずは身体の筋肉の緊張をほぐすため程よい弾力のある高反発マットレスを使用して、その上にせんべい布団が良いです。

反発機能が肝心
板の間に寝て寝返りを打つと体はいたいです。
首痛、肩痛、腰痛で一晩寝たとしても疲れるだけです。
せんべい布団だけですと、ほぼ同じ状態が考えられるのです。

理想的な布団の厚さは、寝た時に3センチほど沈むことだと言われています。
ですから、せんべい布団だけですと、沈むことがないので、体重が負担となって、筋肉を緊張させてしまうのです。

低反発マットレスは、そのまま体重を吸収、沈み込む快感はありますが、肩こりや腰痛の肩にはきついです。
ですから、高反発である程度の沈み込みだけであとは体圧分散が可能な寝具が良いのです。


▲TOPにもどる



せんべい布団は体に悪い?その真実


昔からせんべい布団は体に良いとされてきました。
ふわふわの寝具は、身体が沈み、肩こりや腰痛の原因となります。
しかし、せんべい布団もデメリットがあります。

せんべい布団のここが悪い
ふわふわ布団が沈み込むのがデメリットなら、せんべい布団は硬すぎることで、布団面についた部分を支えすぎます。
硬いところで座ったり、横になると体が痛くなりますが、せんべい布団に寝るということは、一晩中その状態が続きます。

寝返りをうった時に、肩痛・首痛などを感じるのも、布団がうすすぎる、硬すぎるからです。
寝返りそのものもしづらいことでしょう。
確かにふわふわの沈み込みの悪いことですが、硬いせんべい布団も肩こりの原因になります。

寝返りは脳の命令
寝返りも筋肉を使うのですが、居心地がよくない時に、脳は寝返り命令をします。
その度に筋肉が動き、心地よい部分を探しますが、せんべい布団の寝返りですと、その行為も痛みを感じます。

要するに、脳の命令の寝返りがメリットにならず、体の苦痛を与え続けます。
起きたときからの疲労感は当然のことで、肩こりだけではなく、体全体が疲労困憊になってしまいます。

厚い布団は嫌だからせんべい布団という方もいます
年月が経つと、ぺしゃんこになってしまいます。
素材が真綿は高級布団ですが、長い間使用していると反発機能もなくなってしまいます。

それでも使いたいときには、マットレスを使用しましょう。
それも体圧分散ができ、体重が沈まない高反発マットレスを選択して下さい。
通販などで低反発マットレスなどは、ゆったりと体が沈み込むのですが、ふわふわではなくしっかりキャッチされる感覚です。

しかし。肩こりにはデメリットになります。
程よい固さが必要なマットレスは断然高反発マットレスです。
一度。肩こりの状態がどうなるかを確認してみて下さい。

肩こりを真剣に治したい
長年肩こりに悩んでいた方で、治療院、整形外科、マッサージにかよっても治らなかったのに、高反発マットレスを入れることで改善したと言います。

そのきっかけが、たまたま入院した先のベッドが高反発マットレスを使っていました。
随分寝やすい、寝返りもうちやすい、身体がとにかく楽ということで、問い合わせたところ、高反発マットレスの使用だと言うのです。
反発機能が絶妙に良く、自宅で使用したところ、自然に改善していったというのです。

▲TOPにもどる

雲のやすらぎ