敷布団 おすすめ 肩こり

敷布団 おすすめ 肩こり

敷布団 おすすめ 肩こり 関連記事





マニフレックスってご存知ですか?


肩こりをなくしたい。
そんな方に寝具のチェンジをお勧めします。
軽度の肩こりや腰痛の場合、痛みの緩和を目的として、反発マットレス等の使用を試してみてください。

体圧分散を考える
立っているときと同じ姿勢を保つマットレスがあります。
敷布団に寝た時、体型の通り体重を吸収してしまうと、たた沈みます。

寝心地は良いのですが、少し反発感がないと寝返りがしづらいものです。
そこで、立ち姿と同じ圧力があれば、寝ている間の体圧分散がうまくいき、肩こりがないという素晴らしいマットレスです。

マニフレックスのマットレス
サッカー選手の香川真司選手も使っているというマニフレックスのマットレス・
体が軽く沈む柔らかさはありますが、同時に固さを感じることができる高反発マットレスです。
体の一部分に力が加わらないので、とても楽で、起きた時に体がとても軽いと評判です。

寝返りのたびに、マットレスが体の形に対応してくれて、腰痛布団、腰痛マットレスの腰痛対策としても有名です。
高反発のメリットを十二分に味わえる極上マットレスです。
12万円という価格もすごいですが。

マニフレックスはイタリア製
12年間保証ですが、芯材には新素材ポリウレタンフォームのエリオセルを使っています。
弾力と復元性の強い素材です。
一度沈んだ身体を体圧分散後の押し上げて、S字カーブを保ちます。
低反発マットレスは沈んだままですが、高反発の押し上げで、体の指圧効果もあり血行促進にもなるという優れものです。

立ち姿で自然な寝姿を保つ事ができる。
筋肉に負担をかけないことで、肩こりも寝ながら改善ができます。
価格は高いですが、本当に肩こりに悩んでいる方にとって、長期的観点からも初期費用としての12万円は大した金額できないと口コミでも多いです。
ただしイタリア製は関係ないかもしれませんが、湿気の多い季節での使用は、日本の気候とはマッチしないかも?という辛口コメントもありました。

朝起きるのが楽しい
高反発マットレスとしてのランキングも上位です。
ベッドでも布団としても対応OK。

質の良い睡眠ができるとマットレス選びのときには必ず名前が挙がります。
数週間で、体が軽くなる実感があるなど、肩こりに悩む方にはお勧めです。
腰痛対策としての利用頻度が多く、朝起きて体が軽くなっているのがわかるから良いという口コミは多数です。

イタリアは椅子等も人体の骨格に合うものを作るのは得意です。
そんな技術がマットレスにも生かされています。


▲TOPにもどる



日本のメーカー モットンの高反発マットレス


肩こり解消、腰痛対策にも絶大な人気の高反発マットレスはモットンです。
ベッドマットレスのランキング形式では常に上位はもちろんで、公式サイトからの購入がお得です。

高反発マットレスのデメリットを克服
素材はウレタンフォームです。
これが反発マットレスとしては良いのですが、通気性が悪いとの口コミが多いです。
他社でも湿りやすい、湿気の多い時期のマットレスとしては良くないと言われています。

ところが、モットンのウレタンは、NASA開発のもので、ウレタンそのものに泡の数を調整して高い通気性のマットレスに仕上がっています。

通気性が良いことで、カビの心配もなく衛生的です。
ウレタンフォームのデメリットを見事克服しました。
毎日寝るものですから、ここはポイントです。

90日返金保証付き
モットンは、公式サイト以外にもインターネットショップでの取扱があります。
90日返金保証があるのは、公式サイトだけです。
評判の良いモットンで、腰痛布団や肩こり対策として、1週間程度で症状が改善した方はとても多いです。

自然な寝返りができる高反発マットレスです。
厚みを10センチとしていますが、敷布団を必要としないタイプになっています。
モットンだけで良いという形にすることで、モットンの高反発をダイレクトに体感することができます。
ベッドマットレスの代わりに使える設計です

そして寝てみてどう?という返金保証がついているから、試しに寝てみたという方がとても多いです。
モットンを購入したきっかけがこの返金保証だった方が、実際の高反発に感動して、肩こりも数ヶ月で改善したとの口コミは多いです。
腰痛対策として言われることが多いですが、実は肩こりにもバッチリ効果が高いと評判。
肩こりが治るマットレスとしてランキング形式サイトでも常に人気です。

姿勢が治った
肩こりが治るだけではなく、腰痛も改善。
姿勢にも良い影響が出てきます。
人によって差はありますが、早い方で1週間、1ヶ月程度で、体がなんか違うと思い始めるといいます。
商品返金保証があるから、ギリギリまで試して決めようという方も途中から返品なんて考えない、これしかないと思うようです。

体圧分散がうまくでき、ストレッチをしたような体に軽さが戻ります。
ウレタンマットレスの通気性も良く、日本の高湿度環境に適した構造です。
是非、モットンの効果はご自分の身体で確認を、返金保証があるから強く勧められるのも大きなポイントです。


▲TOPにもどる



13層やすらぎマットレスの寝心地


雲のやすらぎマットレス改め13層やすらぎマットレスが評判です。

オリジナルの体圧分散法
13層というだけでもスゴイのですが、マットレスの厚みが27センチです。
その厚みの中では、ウレタンを中心とした素材が詰まっています。
違う種類のウレタンがスプリングの代わりになり、下部のチップウレタンが、体重を吸収して、横に圧を逃します。

肩こりは首から肩にかけての体重集中が原因です。
高い反発の6.5インチのコイルを中央に置き、反発を高めています。
ですから、最初に寝た時に硬い敷き布団となりますが、寝返りをした時に、そのしやすさに驚きです。

それが肩こり解消の一助になります。
高い体圧分散性に必要なモノが、この27センチのマットレスに凝縮されています。
通常の高反発マットレスと言われる内容をすべてワンランク上の設計のマットで。
マットレス選びの際には、是非一候補として挙げたい商品です。

耐久性・通気性も問題なし
肩こりや腰痛解消にはせんべい布団が良いと思っている方は多いです。
敷布団に体重で沈み込むことがないのですが、うすすぎると体が痛いですし、寝返りのたびにギスギスします。

寝心地が良くないことで、夜中に何度も寝返りを打ち、熟睡できない等のデメリットは多いのです。
体圧分散どころか、硬すぎる敷布団に面する体に体重が集中してしまいます。

13層やすらぎのマットレスではそのたっぷりの厚みが確実に体圧分散をしてくれます。
中央のコイルの存在が、極上の寝心地を演出してくれます。
それにはこの厚みが必要だったのです。
硬いけれど硬すぎないバランスの取れたマットレスとして人気があります。

大きいサイズのマットレス
部屋が狭い方には、不向きです。
どうしても大きくなってしまうため、敷き布団としてではなく、ほぼベッドの様相です。
そして重たい。

ウレタンマットレスとしてはサイズも大きいことからカンタンにお部屋で使いましょう、とはいかないです。
反発力は魅力ですが、シングルでも10万円の13層やすらぎマットレス。
広い部屋に引っ越してからの商品になってしまいます。

今すぐ肩こり解消のマットレスがほしい、でもワンルームという方は、折りたたみ式の高反発マットレスしか使えないです。
ただし、この13層やすらぎマットレス、前のネーミングが雲のやすらぎでした。
そのネーミングから想像するに、雲の上で寝ている感触ということです。
この厚みは他社にはない贅沢さ、是非一度は体験してみたいところです。


▲TOPにもどる



エアウィーヴ、魅力だけどデメリットも多い?


国内のアスリートが絶賛する高機能・高反発マットレス、エアウィーヴ。
特徴もさることながら、高品質で高めなのが玉に瑕です。

空気で体を支える
ネーミングからわかるように、90%空気素材と言うもの。
日本の気候に合わせ、通気性を徹底的に良くすることで、質の高い睡眠と優れた体圧分散性を目指しています。
肩こりは、普段の生活で起こることですが、横になったときには改善すべき痛みです。

しかし、せんべい布団やふわふわ布団に身を置くことで、体圧が集中してしまい、肩こり、首痛、腰痛になります。
最近は高機能マットレスとして、ウレタン素材のものが多いですが、ウレタンは特殊加工しなければ、通気性が良くなることはありません。

エアファイバーの存在
エアウィーヴのヒミツはエアファイバー。
すべてがこの素材が複雑に絡みあい、体重を支え、体圧分散を可能にしています。どんな寝返りにも対しても、体重負荷をすべて逃して、快適な睡眠ができます。
寝ている時の痛みというと、布団が硬くて体が痛いせんべい布団などが多いですが、エアウィーヴで過ごすことで、ぐっすりと体を休めることかでき、この状態を数週間続くことで、肩こり解消したとの口コミはとても多いです。
この時に枕の高さ調節も行うことをお勧めします。

エアウィーヴに不満?
耐久性はあるのですが、手入れが少し大変です。
陰干しの必要があり、重たいしなかなか難儀な手入れで、ヘタレてしまうとの事。
もっと軽いと良いとの不満は多いです。

そして、他の高反発マットレスよりも高め設定。
敷き布団として何年も使いたいのですが、手入れが大変で高いということになれば、なかなか手が出ないというマットレスでしょう。
以前は高反発マットレスと言っても種類が少なかったのですが、最近では種類も増えてきて、エアウィーヴよりもお得なマットレスもあります。
品質的には、値段に比例といえますが、手入れをしなくてはならない部分での不満も多いです。

大手メーカーのエアウィーヴ
とりあえずお試しをしたい方は全国のホテルで採用しているところが多いです。
マットレス目的の宿泊になりますが、1日十二分にエアウィーヴの魅力を確認してみて下さい。

エアウィーヴ1週間程度で肩こりが改善なんていう口コミもあります。
何日も宿泊したらでエアウィーヴ、買える費用になりますが、旅のついでのエアウィーヴお試し旅行で、購入を決めるのはどうでしょう?
お勧めの方法です。


▲TOPにもどる



低反発vs高反発 肩こりに良いのはどっち?


マットレスのCMで、低反発のものは良く見かけます。
肩こりに良いと言っているような、言わないような感じですが、寝心地はとても良いばかりが強調されています。
じつは、低反発マットレスでは、体圧分散がうまくできず、肩こりを悪化させることがあるようです。

低反発とは
文字通り体重に対して反発をしないのです。
ですから、しっかりと体重をそのまま受け止めると思って良いでしょう。
寝たときに、敷き布団に抱かれた感じがたまらない、極上の気分になります。
それが、低反発の魅力であり、快適な眠りに必要なことです。

ところが、人間はそんな心地よい空間に入ると寝返りを打つことをしない。
で、一点集中の体重の負荷がかかり、起きた時に体が痛みます。

せんべい布団は薄すぎて首痛や肩痛、腰痛になりますが、低反発マットレスも同様なのです。
動かないことで、しっかり体圧が100%かかったままで、起きた時にとにかく疲れるといいます。
ただ、寝た瞬間の心地よさは格別です。

肩こりには低反発は向かない
肩こりや腰痛の場合の低反発マットレスは不向きです。
寝返りのしやすさと高い体圧分散性が必要とする肩こり改善では、すべての体重吸収は、痛みが増すばかりです。

痛みなどがなく、早く眠りにつきたい、寝返りが多すぎる方に最適なマットレスです。
反発ウレタンなどがない敷き布団。
寝たままの形で朝まで過ごす、そうした事も考えると、肩こり腰痛には低反発マットレスはかえってデメリットだらけでしょう。

一度は体験低反発マットレス
流行で低反発マットレスを試された方も多いですが、そうした方の多くは高反発マットレスに変えています。
体が沈み込む瞬間と入眠の瞬間は良いのですが、起床時にとにかく肩こりと体のギスギス感が多いと言います。

一方で、高反発マットレスの硬さが気になってなかなか慣れない方もいます。
ですから、低反発、高反発マットレスは必ず返金保証があるものを購入されることをお勧めします。
そして、できるだけ長く試されることで、自分の体に合う反発マットレスを選択して下さい。

肩こりに良いとされる高反発マットレスも種類は多いですし、価格もいろいろです。
敷き布団の存在は、人生の3分の一を占める睡眠に欠かせないものです。
ここだけ贅沢、というのも生きていく上では大切な事であり、睡眠を大切にすることが健康の一助にもなります。

肩こり治療がマットレスで、これができる可能性がある高反発マットレス。
まだ体験していない方は返金保証の商品でお試しを。

▲TOPにもどる

雲のやすらぎ