雲のやすらぎ 首こり 解消

雲のやすらぎ 首こり 解消

雲のやすらぎ 首こり 解消 関連記事





高反発は17センチの厚みが強み

 
もし寝具で首こりや肩こり解消ができるとしたら?
敷布団が肩こりの原因を作っているとしたら?
普段の生活で慢性的な首こりや肩こりに悩んでいる方にとっては大きな問題提起ではないでしょうか?
株式会社イッティが提供する“雲のやすらぎマットレス”は多分多くののこりのお悩みを持つ方に最適敷布団です。
また、脳枕として販売されている六角脳枕もおすすめです。

雲のやすらぎマットレス
17センチの厚さの高反発マットレスです。
特徴としては、17センチの厚さと高反発の部分です。
肩こりの原因の一つが、肩にかかる体重だと言われています。
寝返りを打つたび、横向きになった時に、首から背骨が自然なS字カーブになっていない、敷布団に体に沈むなどで首と肩に負担をかけます。

実は、これが寝ている時に肩こりの原因となっていると言われています。
高反発マットレスは、寝返りも力をいれずに行うことができ、優れた反発は体圧分散をしてくれます。
ですから、敷布団が体に当たる面積が多くなって、肩に負担をかけないで済みます。
また、寝姿勢が敷布団とほぼ並行になり、自然なS字カーブの背骨をキープ。
だから、肩こり解消のマットレスなのです。

そんなに厚さは必要?
高反発が肩こり解消に良いのはわかりますが、ここまで厚い必要はあるのか?
それも実は大アリなのです。
雲のやすらぎマットレスは5重の層になっています。
その真中に高反発スプリングを置いています。
ウレタン素材ですから、表面におくと熱がこもってしまいます。

しかし、高い反発力を必要とするため、欠かすことができない存在。
それを5重の層の中心におくことで、より確かな反発力と通気性を考慮したというわけです。
上下の層で体圧分散の一助となる、体重の負荷を点手だ支えるために凸凹設計になっています。

要するに寝たときに、体重を点で支えるアルファマット、そして高反発スプリングマット、そして負荷を逃がすアルファマットが必要だから、5重の層になっています。
表面上には吸湿発散性の高いロレーヌダウン、下部にはマイティトップを使っています。
ダウンは秋冬用に暖かく、マイティトップは春夏用に使うことができます。

これだけの機能を1つのマットレスで補おうとするので、当然厚さも十分に必要で、マットレスと言うよりは敷布団そのものです。
専用シーツもあります。
体を横たえたときに、少し突き上げる感覚で硬い敷布団と敬遠する方もいます。
しかし、少し時間が経つと、体が当たっている部分は多いけれど、体が軽くなる感覚に変わります。
それこそが高反発マットレスの最大のメリットであり、肩に腰に首の負荷を取り除いているのです。


▲TOPにもどる



雲のやすらぎのメリットはその素材にも


高反発マットレスを購入された方で、カビに悩んだり、敷布団を用意しなくてはならない悩みを持っている方も多いでしょう。
体に良いとか、肩こりの解消ができるとされる高反発マットレスですが、種類も多いので、より良いマットレスを選択することが必要です。

雲のやすらぎマットレスが良い理由
カビで言えば、通気性が良いことは挙げられます、
厚みがあるマットレスですから、押入れに収納することはできません。
まず、これが返って良いのです。
マットレスですから、床や絨毯に敷いただけで、十分なのですが、すのこか防湿シートがあると良いです。

なぜなら、下部に水分がたまります。
このことで、マットレス内の水分をきちんと下部に逃がす構造になっています。
カビが生えないようにするには、普通に立てかけるだけでOK。
要するにしまえないことが、カビ発生を最小限度に抑え、長持ちさせてくれるのです。
毎日のケアでカビ発生を防止ができます。

表裏で季節で使い分けができる
汗をかく春夏はマイティトップUを採用しています。
これはダニと抗菌仕様ができ吸湿性がとても高いです。

しかし、17センチの厚いマットレス内は通気性はとても良いのが、内面からのカビなどの不安はありません。
多少重いですが(女性でも持てる)、日に当てることができればベストです。
すのこがあれはもっと良く汚れ防止にもなります。
秋冬用のフランスロレーヌ羊毛は、それだけで暖かさが感じられます。
シーツは使用するのですが。

ところで首こりや肩こりにはどう?
敷布団のベストコンディションも大切です。
体が触れる部分ですから、ちょっとした工夫でカビやダニなどが改善できるだけでも雲のやすらぎマットレスが高品質であることは納得です。
マットレスは高反発で体圧分散タイプです。

敷布団として、体が沈むことなく、程よい弾力が一点にたまることなく、自分の体重が分散することができます、
寝返りのしやすさとその分散が、肩こり解消に良い効果があります。
5重構造になっている雲のやすらぎマットレスは、体に当たる部分が点で支えています。
これが分散のためなのですが、肩と首、腰などの負荷を小さくすることができます。

汗を必ずかく睡眠時、カビなどの不安もなく、点で支える高反発マットレスで、寝ている間に肩こり解消の一因になります。
高反発が快眠を約束してくれます。
反発素材、自由な寝返り、良質な睡眠で肩こり解消、雲のやすらぎマットレスではしっかりと行うことができます。


▲TOPにもどる



枕選びも必要 完璧に首こりを治す


高反発マットレスの種類は多いですが、雲のやすらぎマットレスはおすすめです。
同時に低反発枕の六角脳枕とセット購入でもっとお得です。

首こりはマットレスだけでは解消できない?
首こり解消のためのマットレスも良いのですが、多くの方は枕を考える方も多いです。
できれば同時に交換することが良いのですが、まずは雲のやすらぎマットレス。

シングル・セミダブル・ダブルのサイズがありますが、特徴は高反発です。
体圧分散と背骨を自然形にできるマットレスであり、寝ている間に対して肩にストレスをかけことがないことが一番の効果です。
ストレスというとオーバーなようですが、数時間リラックスした睡眠の最中は、体重を体に預けてしまいます。

その時に、仰向けでは腰に、横向きでは肩と言う一点集中する重さを雲のやすらぎマットレスではきちんと分散してくれます。
寝ている間に肩こり解消するというのが、この体圧分散なのです。
ですから、寝ていて発生する体の痛みも改善してくれます。

ところで枕選びもおすすめ
首こりでは、重たい頭と首にも関係があります。
雲のやすらぎは高反発ですが、ここで勧める六角脳枕きなんて低反発ウレタンです。
マットレスと真逆です。
これにはわけがあります。
頭の重さを十分に受け止め、ストレートネックの形を維持します。

要するに、どの寝返りをしたとしても、首が曲がることなく、まっすぐに寝続けることができます。
それには低反発が効果的で、枕で頭の重さを吸収してくれます。
六角の形、首の形状にマッチしやすいような独特な作りになっています。
普段のまくらが合わなくて、タオル枕で対応している方も多いですが、そんなことでは、寝返りを打った時に条件が変わります。

しかし、六角脳枕なら、そのときに合わせた低反発ウレタンが、頭をそのままの形で受け止めます。
もうそんなタオルは不要です。
常に理想の形、高さでの枕の形になります。

敷布団と高反発、枕は低反発
この反発の違いです。
頭を中心として、ここは常に不動になる低反発。枕に頭をおいた時に、反発するのではなく、受け止めるわけです。
高さが合う枕と言うのは、その時々で形が変わるもの。

マットレスは、体圧分散ができる体に負担がかからないもの。
それが肩こり解消ができるとされる寝具です。
その2つが揃っているのが、雲のやすらぎの高反発マットレスであり、低反発ウレタンの六角脳枕なのです。
セットなら安いですし、是非肩こり解消したい方は試してみて。
反発の違いが納得です。


▲TOPにもどる



高反発マットレスの17センチの厚みにはヒミツがある?


雲のやすらぎマットレスは、寝具えらびの時に厚さがメリットかデメリットになります。
適切な肩こり解消のためには、この厚みは魅力的です。
口コミですが、マットレスが厚く硬い事で、寝心地はとても良いです。

雲のやすらぎのマットレス
中央に高反発マットレスを使用しています。
それがダイレクトに体にフィットするのではなく、体との間に点で支えるマットレスがあります。
実はこの構造にするためには、どうしてもこの厚さになってしまうということです。

寝た時に、表面面積は多いですが、実質は点で体重が支えられているのです。
これが雲のやすらぎマットレスであり、体圧分散が効果的にできているのです。
点で支えられると言うのは、体が沈まない、寝返りが楽にでき、一晩だけでも体に負荷がない快眠が約束できます。
17センチの厚みにはきちんと意味があります。

敷布団とヘタリ
長年同じ負担に寝るのですから、ヘタリは当然のことです。
雲のやすらぎマットレスは、60キロ程度の体重を支えるように設計されています。
リニューアル前の雲のやすらぎのデメリットはヘタリでしたが、リニューアル後の雲のやすらぎのヘタリはなかなかしづらいとの口コミが多いです。
前とは違うとの口コミが大きいです。

まだリニューアルして時間が経っていないのですが、期待しても良いでしょう。
ただし100キロ超えの方のヘタリスピードは早い、これだけはいえます。
高反発マットレスにしても、時間が経てば効果は小さくなってしまうことでしょう。
雲のやすらぎマットレスの厚み、これが他の薄いマットレスよりヘタリデメリットを小さくしていると言えるでしょう。
三つ折りができない雲のやすらぎですが、その分いつまでも厚みキープと寝心地の良さが続きます。
厚いマットレス、それも高反発マットレスの雲のやすらぎの魅力はここにもあります。

肩こりにも厚みが良い
高反発マットレスの効果が高いことで、寝返りが本当に楽です。
マットレスの場合、この上の敷布団を敷くことになりますが、雲のやすらぎはその必要がありません。
その分、高反発効果がダイレクトに体に伝わります。
それも厚みがあることが、メリットなのです。

まくらはセットでお得な六角脳枕がおすすめ。
こちらは低反発ウレタンを使ったと首と肩、腰に優しい枕です。
タオルで調整する事なく、低反発が自由に形が変わり、最適な頭の位置になります。
本気で肩こり改善したい方、雲のやすらぎの17センチの厚みと六角脳枕、是非試してみて。
早い方では数日で効果があるようです。


▲TOPにもどる



体が疲れない注目高反発マットレス


体の疲れを取る、腰が痛くない、快眠ができるマットレスなどは最近多くの商品が出ています。
その中で反発力で高反発マットレスと低反発マットレスがありますが、肩こり解消の場合は、高反発マットレスが良いです。
その中でもおすすめなのが、雲のやすらぎマットレスです。

5重構造がメリット
17センチの大きさで、収納は大変ですが、厚さで高反発が効果的です。
より強い反発力ですから、硬いと感じられることもありますが、体圧分散がしっかりとでき、しっかりと点で支え、それも敷布団に触る面積も広くなっています。
横たえた時に、体が軽く感じるのが、体圧分散されている証拠。

硬い表面はそんなことが理由なのです。
睡眠中は、何度も寝返りをうちます。
その時に肩の負荷を最小限にすることで、肩こり解消ができます。
朝まで快眠になるのも高反発マットレスのおかげです。
薄い高反発マットレスもありますが、ヘタリやすく、しっかりと高反発力がキープできないなどがあります。

低反発にはない魅力
低反発も気持ち良い眠リができますが、横になったときに、体が敷布団に沈み込みます。
反発力が少ないですから、肩と腰部分は沈みます。
その状態での寝返りは、負荷が大きいため、肩こり解消や腰痛予防にはならないのです。
寝ていて包み込まれるような寝心地、柔らかい寝具が良いのなら低反発マットレスですが、肩こりがある方にはおすすめできないマットレスです。

全身筋肉を使わない寝返り
高反発マットレスの特徴として、寝返りがカンタンになることがあります。
実際に試してみたい場合は、全額返金保証付きで試せるので、一度体験してみて下さい。
数日の寝心地で効果を得ることができます。
朝起きて、体が痛くない。

腰痛や肩こりに良いというからせんべい布団に寝ていたけれど、いつも体が痛い。
かといって、ふわふわの布団では腰痛や肩こりが心配。
そんなような方には、低反発ではなく高反発マットレスがおすすめです。
低反発はふわふわはありますが、多分疲れます。
寝返りのたびに筋肉を使うからです。
高反発マットレスは寝返りがそのまま楽にでき、起きた時の体が痛くないという効果で実感できます。

多少大きいけれど、メリットも大きい
雲のやすらぎマットレスは、体圧分散が上手にできる構造です。
どうしても、17センチの厚みが気になるのですが、通気性、吸湿性に優れ、春夏・秋冬にリバーシブルタイプになっていますから、オールシーズン使うことができます。
購入は、公式サイトが一番お得です。

▲TOPにもどる

雲のやすらぎ