肩こり 解消 枕

肩こり解消には枕が大事?

肩こり解消には枕が大事? 関連記事





自宅の枕が肩こりの原因かも?六角脳枕のご紹介


肩こり解消のアイテムとして、枕の存在を忘れていませんか?

肩こりは枕が原因?
枕が合わないと感じている方はとても多いです。
素材も形も様々な枕は、肩こり、首こりの原因と言われています。
寝方にも関係するのですが、悪影響のまくらでは、
  • 寝ている姿勢が悪くなってしまう
  • 首からの骨が歪む
ことで、肩こりがおきます。
寝返りを打つことで、寝姿勢は一晩でも変わります。
横向きが良いと言っても、仰向けになる場合もありますし、枕によって姿勢が変わります。

高さが体にあっていない
理想の枕の高さを知りましょう。
背筋を伸ばして壁にまっすぐに立ち、壁と首の隙間の長さを測ります。
マットレスと首の間にできる隙間を埋めることができる枕が良いです。
男性では4.0センチ、女性で3.0センチ程度ですが、体型で0.5センチ程度のズレがあります。

また、仰向け寝が多い人で5.0〜7.0センチ、横向き寝が多い人で10.0〜15.0センチと幅が広いです。
寝返りを打たない人はいませんし、自分にとって良い枕の高さを探すのは苦難です。
実際には、枕をあてて寝てみて、顔の中心から背骨のラインがまっすぐな状態になることです。
これが基本になります。

六角脳枕がベスト
ここで紹介したい六角脳枕は、高さに惑わされない形の枕です。
横向きに最適な枕でも、寝返りで仰向けになったときには、肩こりの原因になります。
しかし、六角脳枕は頭を乗せる部分だけを高くして、寝返りに合わせて両サイドが凹んでいます。
要するに、いつも同じ高さになるようWの形をした枕なのです。
どの体勢になっても、肩や首に負担をかけない。
だから肩こり解消に効果がある枕なのです。

肩こりが生じているときには、必ず首こりもあるはずです。
頭痛や腰痛など全身に支障が出るのも枕のせいであることは大きいです。
肩こりがひどいから枕はしない、そうすることで、首や肩に与える影響はますます多大なものになっていくといえます。

人気の六角脳枕は、今まで塩まくらで寝ていた方の救世主となっています。
素材は低反発マイクロウェーブで、温度変化が少ないです。
冬は硬くならないし、夏場は保冷剤を入れることでき、頭寒をすることで、心地よい眠りができます。
上質な素材を使い、肌触りも気持ち良いです。

この六角脳枕を作っている会社では、雲のやすらぎプレミアムという高反発マットレスを作っています。こちらも肩こり解消のマットレスとして高い人気と良い口コミで評判になっています。
もちろんコンビで使うことで、肩こりには快適で上質な睡眠が約束されます。
徹底的に肩こりにこだわる方にはまくらもマットレスもお勧めです。


▲TOPにもどる



寝返りのことまで考えた枕 肩こりには必須条件


六角脳枕の形状は、枕を奇抜な六角形にしたことに起因しています。
これにはきちんとした意味があります。
六角形は、丈夫な構造として知られています。
蜂の巣構造で、重たい頭を支えるのにも、画期的な形として注目されています。
中央の凸部分が頭の中央です。

仰向けに寝る基本です。
そして、寝返りで横向きになったときは、凹部分に移るのですが、その時に首と枕の間に隙間ができず、すっぽりとはまります。
この時、形状が変わらない枕や高さが変わることで、隙間ができたり、首に余計な力が入ります。
それが肩こりの原因になります。
しかし、六角脳枕は、寝返りのたびに、理想の場所に頭が行くことで肩こり解消枕として注目されているのです。

寝返りしやすい形状
よく枕の高さを測って、理想の形のものを作ったり、買い求める方が多いです。
しかし、寝返りのことは考えたことはあるでしょうか?
仰向けのサイズに合わせたとしても、寝返りのしやすさまで追求した枕は少ないです。
ですから、六角脳枕なのです。

寝返りをすることを前提として、W形状にすることで、常に隙間ができない設計です。
低反発になっているのは、きちんと枕が頭を受け止めるためのものです。
素材だけではなく、この低反発が頭をしっかりと支えるので、枕に包まれる感じも安眠の予感があります。
寝返りをうっても、枕の高さが変わらない。
肩や骨格への負担を最小限度に押さえることができるのが、六角脳枕の最大のメリットです。

枕の高さ調節
枕の高さを知るためには、タオルを敷くのが良いと言われています。
ところが、普通のタオルではなく、厚みのあるマット(玄関マットやバスマット)が良いと言われています。
それは、頭をおいたときに、きちんと重さを受け止めることができるからです。
低反発マクラが良いと言うのはその部分です。

六角脳枕は最初から低反発にしてマイクロウェーブを使用したこだわり素材です。
六角脳枕のフイット感こそ、吸い付くような低反発と、首に負担のかけない心地よさです。

寝返りにこだわるのなら、マットレスは高反発マットレスが最適です。
頭は低反発ですが、マットレスは、直接加重されることで、肩や腰の負担を軽減するためには、高反発でなければならないのです。
六角脳枕を出している会社の雲のやすらぎプレミアムがお勧めです。
2つの商品をセットで使うことで、肩こり解消のアイテムとして高い人気かあります。
もうバスタオルなどで高さ調節をしなくても良いです。


▲TOPにもどる



六角脳枕は素材にも肩こり解消のこだわりが


六角脳枕の不思議な形状は、寝返りのしやすさと肩と首への負担を小さくすることです。
肩こり解消の枕として注目をされています。
同時に、いびきがなくなった、呼吸が楽になった、朝まで起きることがなくなったなどの口コミも寄せられています。

六角脳枕の素材
六角脳枕は、低反発マイクロウェーブ素材を採用しています。
首や肩への負担減も大切ですが、素材として通気性と肌触りにこだわりました。
枕カバーをつけるので、直接感じない方もいますが、頭をおいたときには通気性が良いものは感じが全く違います。
このマイクロウェーブは、気候の変動されない特徴を持っています。

夏は熱がこもらない、冬は硬くならないことで、日本の気候、日本人の頭によく合う素材になっています。
昔ながらのそばがらやポリエステル、綿枕は寝返りのときに肩こりの原因である負担が大きいですし、パイプ・ビーンズ、極小ビーズ、フェザーは横向きには不向きです。
そして、マイクロウェーブは高さ調節が簡単にできますから、どなたが寝てもフィット感があるのがメリットです。

適温が快適な眠りを誘う
熱がこもらない、硬さを感じない六角脳枕ですが、保冷剤を入れることができます。
これは増えて頭を冷やすことで、体に熱が行きます。
温かい、気持ち良いと感じられるのが、冷たい頭と暖かな体です。
頭寒足熱の観念が、入眠に穏やかな演出をしてくれます。
冬場でもひんやりではなく、心地よい冷たさが、体温調整になり、快適な眠りを誘うのです。

たかが肩こり、されど肩こり
低反発マイクロウェーブの働きは、寝返りを簡単にしました。
快眠にはこの寝返りのストレスがないことが大切だと言われています。
肩こりの最大の原因が不都合な寝返りと言われていますから、六角脳枕の形状、素材、作りすべてにおいて、肩こり解消と安眠・快眠のための1つであることは間違いないでしょう。

多くのアスリートたちも使っているという安眠枕。
嫌な肩こり解消と感じるまで、そんなに時間はかからないはずです。

六角脳枕とお勧めなので高反発マットレス雲のやすらぎプレミアムです。
寝返りのことを考えた高反発マットレスで、体の負荷を感じない雲の上にいるような極上の快眠ができます。
枕だけでなく、マットレスにもこだわってみると効果は一目瞭然です。

セットで購入すると断然お得です。
公式サイトからの購入で、30日の返金保証付き、まるまる30日使って返品してもOKです。
安い枕ではないので、この配慮は嬉しいです。


▲TOPにもどる



ストレートネックになるのは枕が合っていないから?


最近。ストレートネックが増えています。
頚椎がS字でカーブしないでまっすぐになってしまう症状です。
慢性的に肩こり、首こりの原因で、原因不明の頭痛やめまいに悩まされている方に多いです。
ストレートネックになるのが、悪い姿勢や体の歪みなのですが、合わない枕を使っている事も関係しています。

1日の3分の1が枕と過ごす時間
枕は寝ている間に使うものですが、その高さが合わないことでストレートネックになることは指摘されています。
しかし、寝返りを打てば、何もならないことです。
そこで、六角脳枕の登場です。

枕に頭をおいたときに、その時の頭の位置に合わせた形状になります。
Wの形をしていることで、寝ているときの首と肩に負担をかけないのです。
低反発マイクロウェーブのお陰で、きちんと頭の重さを受け止めてくれます。

どんな方の頭も常に理想的に固める事ができ、特に首にたいする負荷がなくなります。
筋肉もほぐれて、ストレートネックも改善します。
自然なS字カーブができ、同時に肩こりと首こりの解消ができます。

不自然な力が入りようがない形
どの寝返りにも頭がフィットします。
ですから、寝返りをうったとしても、いつも定位置に頭が配置されます。

硬すぎない柔らかすぎないというのもメリットです。
寝付きが良くなった、起きたときに体が軽いなどの口コミが多いです。

口コミサイトでも、常に上位で、イロイロな枕を試したけれど、結局六角脳枕にたどり着いた方も多いです。
横向きにも対応している、しっくり行く枕は実は少ないのですが、六角脳枕の魅力は、どんな頭にも、どんな寝姿にも背骨が自然な形に保つことができる、頚椎に優しい枕なのです。
そこでストレートネックにも、肩こりや首こりにも効果的と言われる部分です。

ただ枕カバーがないと不満も多いです
形状が複雑ですから、専用枕カバーの登場を待ち望んでいる方はとても多いです。
保冷剤が入っていますが、寒いと感じる方は、タオルで調節をして下さい。

枕カバーがあれば良いのに、バスタオルではマイクロウェーブの感触がわからないし、というのが難点です。
それと、少し高めの枕となっていますが、口コミでは最初は高いと思ったけれど、肩こり軽減されただけでも価値はあるとか。

ただ、費用が高くてなかなか手が出ないという方が多いのも確かです。
六角脳枕は良い商品ですが、少し愚痴ってみました。
Amazonでも購入ができますが、正規品とニセモノがあるので、気をつけて。


▲TOPにもどる



六角脳枕にもあるデメリット?


革新的な枕として人気の六角脳枕は、同会社で高反発マットレスも作っています。
こちらもマスコミで取り上げられ、口コミサイトでも1位に輝くなど評判が良いです。
ただ、六角脳枕が合わない方もいます。
肩こり解消のためと思ったけれど、改善しなかった方たちです。

枕の高さが合わない
Wの構造は、寝返りのときの負担と枕と首の隙間がなくなるためです。
万人に合うような設計ですが、それでも隙間が空いてしまう場合、肩こり改善まで至らない場合があります。
タオルで工夫をしたりするのですが、どうしても対応できないというのです。
これは、仕方のないことであり、快眠ではない場合、六角脳枕が合わなかったということでしょう。

枕が硬い
そばがらやフェザー素材の枕を使ってきた方にとっては、六角脳枕の低反発は硬く感じられるでしょう。
マイクロウェーブを使っているのですが、通気性もよく、寝返りしやすく、首と肩の負担が小さいと人気です。
しかし、硬いと感じてしまうのには、慣れも必要です。

六角脳枕を作っている会社では、高反発マットレスも作っています。
こちらも高反発で硬いと感じている方も多いですが、こちらは多くの方が慣れたら快適といいます。
この硬さのヒミツは、寝返りのしやすさのための設計だからです。
低反発素材はもともと寝返りには適していないのです。

それをあえて硬くしたのには、高反発の要素も取り入れたためで、実際には硬く感じて、快眠に不安を覚える方も多いです。
しかし、この商品はとにかく一度使ってみると、その硬さにも納得がいきます。
何と言っても寝返りがスムーズなのです。

保冷剤入り?
頭寒足熱の観念から保冷剤が入っています。
これも暑がりや夏場はひんやりとしていますが、寒いっと感じた場合はデメリットになってしまいます。
ある方は、タオルでおおっていたら、気にならないとの口コミもあります。
実際に季節によっては、冷めたいと感じる方もいますが、基本的に人間 の体の構造から言って、頭を冷やして寝るのは快眠になります。

良いと思った六角脳枕が、どうしても合わない場合は、30日間返金保証の利用も考えみて下さい。
散々使ったあとでも返品ができますので、無理をすることはないでしょう。
肩こりには絶大な効果が見込まれ、いびき改善にも適しています。

妻は肩こり、夫はいびきが六角脳枕を使っているというご夫婦も多いです。
是非、参考にしてみて下さい。
ダメなら返せば良いのですから、まずは気軽に申込をしてみて下さい。

▲TOPにもどる

雲のやすらぎ